テレビ番組(ワイドショーや夜のニュース番組)で取り上げられた話題やニュースに関するお役立ち情報・意見・分かりやすい解説をタイムリーに提供します

米国のクリントン元大統領が9.11テロ事件の10時間前に語った言葉: 「ビン・ラディンを殺害できたかもしれない」

最終局面に突入した香港学生の選挙民主化要求デモ:当局の強制排除に備えるも参加人数は縮小

僅か10時間前…偶然だったのか?

2001年9月11日に米国で起きた同時多発テロ事件の当時は前ブッシュ大統領の時代でしたが、その前のクリントン元大統領がこの事件が勃発する10時間前にオーストラリアで講演をしていた時に「ビン・ラディンを殺害できたかもしれない。」と語っていた録音テープが発見され、オーストラリアのスカイ・ニュース(Sky News)で放送され、NBCでも再放送されて話題になっています。

このテープの中でクリントン元大統領は、「オサマ・ビン・ラディンは非常に頭のいいやつだ。私は彼のことをいろいろと考えて多くの時間を使った。一度逮捕できそうな時があった。彼を殺害できたかもしれない。しかし、カンダハルというアフガニスタンの小さな町を破壊することになるかもしれなかった。無実の女性や子どもたち300人を殺すことになるかもしれない。そんなことをすれば、私もビン・ラディンと同類になってしまうので実行しなかった。」と述べております。

この言葉は、メルボルンでビジネス・リーダーを対象に行った講演後に、質問でテロリズムについて質問されて答えたものでした。

また、このテープはオーストラリアのビクトリア州の元自由党党首だったマイケル・クローガー(Michael Kroger)が録音したもので、長い間忘れてしまっていたといいます。

今も鮮明に記憶に残る惨劇

2001年9月11日に米国で起きた同時多発テロ事件は、アルカイダの指導者であるオサマ・ビン・ラディンの指令の下に、4機の旅客機をハイジャックしたテロリストグループが、2機をニューヨークへ向かわせ、残りの2機はワシントンD.Cに向かわせたものでした。

ニューヨークに向かった2機は世界貿易センタービルに突っ込み南棟・北棟とも破壊、ワシントンD.Cに向かったうちの1機は米国国防総省の建物に突っ込み建物の一部を破壊、残りの1機はペンシルバニア州のシャンクスビルで墜落しました。

このテロにより3,000人近くの犠牲者が出ました。

(ネタの出所:USA TODAY 8月1日電子版)


芸能人 ブログランキングへ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。