テレビ番組(ワイドショーや夜のニュース番組)で取り上げられた話題やニュースに関するお役立ち情報・意見・分かりやすい解説をタイムリーに提供します

エボラ出血熱が東南アジアにも拡大!?

最終局面に突入した香港学生の選挙民主化要求デモ:当局の強制排除に備えるも参加人数は縮小

今回の情報は本当?

その非常に強い感染力と致死率の高さで、現在、西アフリカで猛威を振るっている「エボラ出血熱」。既に死者は1300人を超え、感染者数も疑い者も含めると患者数も約2200人にのぼり、さらに治療に当たっている世界保健機関(WHO)などの医療関係者も80人以上が死亡したと伝えられている。

現在、リベリアとギニア、シエラレオネ、ナイジェリアで患者が発見され、特にリベリアでの感染拡大が進んでいるが、東南アジアでも感染の疑いがある患者が発見された。

これまでも韓国などで見つかったという噂がネットで流れたが、それらは風評程度の問題とされてきた。しかし、今回は、ミャンマーベトナムの政府の発表だけに注目が集まっている。

その患者は、ミャンマーは西アフリカに滞在した22歳の男性で、ベトナムは入国したナイジェリア人2人で、それぞれ病院で経過観察を行っているという。

患者は増加、医師は減少

エボラ出血熱は潜伏期間があるだけに、感染していても症状が現れない間に移動すれば、こうしたことが起こることは、当初から恐れられていた。しかし、実際に、こうした事例が発表されたことで、各国は、さらに警戒を強化している。

なお、医療関係者の死亡を恐れて現地から職員を退避させる国も増えてきており、拡大防止のための医療関係者の人手不足も言われている。


芸能人 ブログランキングへ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。